S様の生地伸ばし作業提供

こんにちは!
エスプリドゥの小越です。

本日はお菓子工房で働いているS様の作業状況を報告します。
S様は知的障害で自閉傾向が強くご本人の拘りもありますが
計量などの作業ができず作業提供を模索中です。

そんなS様は普段からビスケットの型抜き作業をしています。
今回は生地伸ばし作業にも挑戦してみました!

先ず、めくる式の作業方法を提示して口頭指導とモデリングをしながら作業していただきました。      
それがこちらです。
なぜめくる式かと言うとビスケットの型抜き作業もめくる式の提示をしていたからです。

結果は・・・
このような感じでした。

残生地伸ばしができました!

しかし、ここで気づきがありました。
めくる式の作業表を使っていませんでした。
スタッフからの口頭指導とモデリングだけで生地伸ばしをできたのは素晴らしいですが
何故作業表を使わなかったのでしょう?
特にこちらのタイマー設定の部分はタイマーを押していませんでした。


見立てとしては
①写真が小さすぎた。
②タイマー設定など細かい工程を入れていてご本人の作業数が増えてしまい集中力を欠いた。
③めくりづらかった。
④そもそもモデリングだけで作業できたかもしれない。
ということでした。

このことからS様がスタッフの口頭指導などがなくても
スケジュールや作業表を用いてお一人で作業ができるように作業表を作り直してみました。

それがこちらです。

写真を大きくしタイマーを使うなどの工程を省きました。
より手掛かりに近い形にすることでご自身で考えて作業できるといいですね。
今までは職員の付き添いの下で生地伸ばしをしていましたが
手掛かりを使ってお一人で作業できるか検証していきます。

お気軽にお問い合わせください。